忍者ブログ
脚本家が古今東西の名作映画を分析
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雨の降る羅生門の下で、人間不信に陥っているそま売り、旅法師。
話を聞く下人。
そま売りが回想を始める。

死体を発見するそま売り(再現)
そま売り、検非違使に証言(証言)

旅法師、証言(証言)

多襄丸を捕まえた旅免の証言(証言)

多襄丸の証言「俺が殺した」(証言)
真砂を連れる金沢武弘(再現)
多襄丸、金沢を捕まえる
真砂を抱く
真砂「生き残った男に連れ添いたい」
多襄丸、金沢の縄を解き、決闘の末、勝利
多襄丸「(真砂は)気性の荒い女」

そま売り「多襄丸の話は嘘」

か弱い真砂の証言(証言)
縄で縛られた金沢を斬殺する多襄丸(再現)
蔑んだ目で真砂を見る金沢の死体
真砂、気を失う

そま売り「死んだ男の話も嘘」

霊媒師の証言(証言)
真砂、多襄丸「あの人を殺して」(再現)
真砂、逃げる
多襄丸、縄を切る
金沢、自害

そま売り、下人に真相を話す
多襄丸、真砂に「俺の妻になってくれ」(再現)
真砂「無理(私には決められない)」と、涙
金沢と多襄丸、真砂に愛想を尽かす
真砂、開き直り「女はキチガイじみた愛情を示す男のもの」
多襄丸と金沢が決闘
金沢、死亡
真砂、逃亡

羅生門の中に、赤ん坊が捨てられている
LP(TP#2)・・・赤ん坊を包んでいた着物を盗もうとする下人
そま売り「どいつもこいつも自分のことばっか」
下人「短刀を盗んだのはお前?」そま売り「・・・・・・」←ずぼし?
CL・・・赤ん坊を引き取るそま売り



・良点……
羅生門下(現在)と、検非違使への証言(回想)と、山での金沢殺害イメージ(再現)という3つの時空間を行き来する、面白い構成。
テーマは「人間の心を信じられるか?」
冒頭は、そま売りが人間の心に不信感を抱いているが、CLでは、苦悩の果てに信じている。
キャラの明確な役割分担
  旅法師・・・人間の心を信じる
  下人・・・信じない
  そま売り・・・信じるor信じないの間で揺れている
  他の登場人物・・・自分勝手
総じて、シンプルで良い

・悪点……
赤ん坊を引き取ったのは(人間の心を信じることにしたのは)、何が決め手となったのか?
着物を盗もうとする下人の薄汚れた心に触れて、嫌悪感を抱いたから?
 
・その他……
 
・ランク(A~Z)……A

拍手[0回]

PR
・テーマ・・・戦?

・ログライン(簡易※1行以内)・・・・・・
七人の侍が、村のために野武士を倒す。

・ログライン(詳細)・・・
1幕
儀作(村長)と農民が、侍を招聘することを決める。

2幕 
<前半>
島田 勘兵衛や利吉・勝四郎が中心の仲間探し。
侍が、農民のために戦う?・・・
七人の侍、村に入るも距離を置く農民。
島田 勘兵衛が中心となり戦略を練る。
農民が落ち武者狩りをしていた事実発覚。ショックを受ける侍達。
勝四郎と志乃の身分を超えた許されざる恋。
etc。

<後半>
野武士の砦をせん滅。
村に攻めてくる野武士VS七人の侍&農民。
勝四郎と志乃結ばれる。周囲は動揺。
五郎兵衛、平八、久蔵、菊千代と侍が次々と死亡。
結果、見事に七人の侍&農民が戦に勝利。

3幕
なし。

・作風・・・

・目的・・・打倒、野武士!

・インサイト・インシデント・・・なし

・PP#1(キー・インシデント)とその時間・・・儀作(村長)と村民が、侍を招聘することを決める。(0:10頃)

・MPとその時間・・・なし

・PP#2とその時間・・・なし

・天・・・戦国時代

・地・・・農村

・人※2面性(共通と憧れ)・・・
七人の個性豊かな侍。

・良点・・・
脇役に至るまで、一人一人の細かなキャラ設定。
心の声を暗に示している巧みなセリフ回し。
役者のリアルな役作り、演技。
脇役の与作やエキストラのおばちゃん達に至るまで超リアルな演技。
黒澤の妥協なき演出力がなせる技。
菊千代の狂気・獰猛と愛嬌という二律背反的な性格を見事に演じている三船敏郎の
演技力。
隙あらば形振り構わず斬りにいく殺陣シーンも痛々しくリアリティーに溢れている。
主人公は七人もいるが、一人一人の細かい人間性を掘り下げている。

・悪点・・・
最初の10分で、野武士を倒すという目標設定をした後、残りの190分近くを使って
ひたすら目標に向かっての葛藤を描いている。
正直、長すぎて途中、しんどくなった。

・その他・・・
主人公は七人の侍。特定の人物ではない。
ハリウッド式三幕構成、起承転結に当てはまらない構成。
最初の10分程度の1幕以降ひたすら葛藤、葛藤、葛藤・・・・・・・。
また、1幕は通常、人物設定を行うのだが、そこに主人公の七人の侍が登場しない。
現在のように、脚本のセオリーが体系化されていない故に、
固定観念に囚われずに実現できた独特の構成。
最終的に勘兵衛が「負け戦」だったと述べるところがいい。戦っても得るものがないことも
あるという真理が作品のリアリティーをより強固なものに。
何度の見直したい映画の一つ。黒澤明、恐るべし。

・ランク(A~Z)・・・A

拍手[0回]

プロフィール
HN:
向田スガ子フィールド
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 脚本家的映画分析ログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]